看護師必見!!〇〇が理由で辞めたいならこの職場へ《転職先適正診断》

夜勤が辛くて今の職場を辞めたい看護師はクリニックへの転職がおすすめ

看護師が離職する理由を見てみると、夜勤がつらいからということを理由に挙げる人は少なくありません。もし夜勤がつらくて転職したいと思っているのであれば、クリニックへの転職を検討してみるのはいかがですか?クリニックの場合、基本的に入院病棟を用意していない所が多いです。このため、夜勤をする必要がないわけです。

 

しかも残業に関しては、繁忙期の場合患者が多くやってきて多少しないといけないケースもあるかもしれません。しかし入院病棟のように長時間の残業を強いられることはまずないと思ってもらっていいでしょう。またパートとして働く方法もあって、この場合には午前中だけとか午後だけといったシフトの入り方も可能です。

 

ただしクリニックのすべてがすべて、夜勤をしなくていいというわけではありません。中には入院病棟を小規模ながら持っている所もあります。このようなクリニックに転職をした場合、月に何度か夜勤を担当しないといけなくなることもあり得ます。

肉体的負担が辛くて今の職場を辞めたい看護師は産業看護師への転職がおすすめ

看護師の離職理由を見てみると、肉体的につらいからという理由は結構上位に来ることも少なくありません。不規則なスケジュールで、昼夜逆転の生活を強いられることもしばしばです。しかも残業も1日数時間単位で強いられる医療機関もあります。

 

しかも看護師は勤務期間中は、基本ずっと立ちっぱなしです。しかも介助の必要な患者の面倒を見るときには、患者を抱えることもしばしばです。このため、外部から思われている以上に看護師の業務は肉体的にハードです。実際体調を崩してしまって、病院をやめざるを得なくなってしまったというケースも見られます。

 

肉体的な負担のあまりかからない所に転職したいのであれば、産業看護師がおすすめです。産業看護師は医務室に待機して従業員の健康相談や指導を行うのが主要な業務です。基本的にデスクワークが中心の業務になるので、勤務時間中はほぼずっと座っているというケースも多いです。肉体的な負担はだいぶ軽減されるのではありませんか?

人間関係が理由で今の職場を辞めたい看護師は訪問看護施設への転職がおすすめ

看護師は男性も増えてきてはいるもののやはりまだ女性中心の職場であることは疑いようがありません。女性が多い職場ではままあることといわれていますが、派閥ができたり同僚や上司などの人間関係で行き詰ってしまったりすることも往々にしてあるようです。このようなストレスを抱え続けるのはこれ以上無理というのであれば、転職を検討すべきです。

 

そこで最近注目を集めているのが、訪問看護の仕事です。訪問看護とは自宅療養している患者を定期的に自宅訪問して、バイタルのチェックや薬の管理、家族がいる場合には普段介護するときの注意点などをアドバイスするのが仕事です。

 

訪問看護のいい所は、原則自分一人で仕事をするところです。このため、人間関係のわずらわしさに振り回されることなく、仕事に専念できるというメリットがあるわけです。また訪問看護の場合、時間をかけてそれぞれの患者にケアできるので、患者と向き合った看護業務のできる所も魅力です。

精神的負担が辛くて今の職場を辞めたい看護師は老人福祉施設への転職がおすすめ

救急病院や急性期病院で勤務をしていると、一刻の猶予も許されない重篤な症状の患者が運ばれてくることもあるかもしれません。看護師としてのスキルなどは磨かれますが、常に自分のちょっとしたミスが患者の命を落とすことにつながりかねないというプレッシャーの中で仕事をしないといけません。この精神的なプレッシャーに耐えられないという人もいるでしょう。

 

その場合には、老人福祉施設への転職を検討してみるのはいかがですか?老人福祉施設の場合、比較的病状の安定している高齢者相手の仕事になります。朝起きてすぐや入浴する前のバイタルチェックや薬の管理といった簡単な介護業務が中心です。

 

入所者の容体が急変することはあまりありませんし、高度な医療処置を看護師が担当することもまずないといっていいでしょう。もし現在の仕事のプレッシャーで精神的なバランスを崩しつつあるというのであれば、自分の体調がおかしくなる前に老人福祉施設への転職を検討すべきです。

収入アップのために今の職場を辞めたい看護師は産業看護師への転職がおすすめ

看護師の中には、現在の収入に不満があって転職を希望するというケースも多いです。しかし収入が安いのかというと、決してそうではありません。一般的なOLの給料と比較しても、年収が400〜500万円程度を稼いでいる看護師も多いのでかなり金銭的には恵まれています。

 

ではなぜ収入に不満を感じやすいかというと、仕事の対価としての給料に対する不満です。休日は不規則、夜勤も担当しないといけないハードな職場の割には自分がもらえている給料は少ないと感じてしまうのです。しかし夜勤なしになると、夜勤手当がつかなくなるので給料アップは厳しいです。

 

そこで産業看護師への転職はどうでしょうか?一般企業に転職する方法で、土日は休み、夜勤もなしという条件が看護師の間で注目されています。しかも病棟勤務の看護師と比較しても、決して給料も見劣りしない案件が多いといわれています。大企業中心で募集が出ているので、待遇もいい所が反映されているのかもしれません。

結婚のタイミングで今の職場を辞めたい看護師はクリニックへの転職がおすすめ

女性が中心の職場なので、結婚や出産を機に自分の働き方を見直すという人は結構多いです。特に総合病院や大学病院で勤務している人の中には、今まで通りのハードな職場で仕事を続けるのは厳しいと感じる人もいるようです。その場合には、クリニックへの転職を考えてみてください。

 

クリニックの場合、大半の医療機関で入院病棟を用意していません。このため基本日勤で仕事ができ、夜勤を担当することはほぼないといっていいでしょう。家事や子どもができたのであれば育児との両立も夜勤をこなさないといけない病棟看護師と比較すればだいぶ楽ではありませんか?最近は託児所のついている医療機関もあるものの、夜勤をしながら家事・育児をするのは相当大変です。

 

またクリニックの場合、パートタイマーで募集されている案件も結構多いです。パートタイマーであれば、より時間の融通が利くので鍛冶屋行くとの両立というテーマもクリアしやすいのではありませんか?

キャリアアップのために今の職場を辞めたい看護師は大学病院への転職がおすすめ

看護師の転職理由の中で、少なからずキャリアアップをしたいからということが指摘されます。キャリアアップをして、自分の看護師としての可能性にかけてみたいと思っている人も少なくないようです。キャリアアップをしたいのであれば、大学病院への転職をしてみるのはいかがでしょうか?

 

大学病院を見てみると、多くの所で看護師の育成にも力を入れている所が多いです。研修会を実施しているとか、クリニカルラダーといってそれぞれのレベルに合わせた教育プログラムを提供し、着実にスキルアップをする方法をとっている所も見られます。

 

また看護師の上位資格として認定看護師や専門看護師の資格取得するのも、キャリアアップのためのアプローチの一つといえます。認定看護師や専門看護師取得のためのバックアップをしている大学病院も比較的多いです。専門分野の勉強をしたいと思っているのであれば、大学病院や総合病院でも大規模医療機関などであれば、サポートシステムもしっかりとしている所もたくさんあります。